Equilibres

Installation View

Equilibres - ANOMALY
Photo by Keizo Kioku, Kazumichi Mishima, Courtesy of ANOMALY

Text

本展のタイトル「Equilibres」は、スイスのアーティストデュオ、ペーター・フィッシュリ・アンド・ダヴィッド・ヴァイスの、1984年から1986年にかけて制作された同名の作品名から引用しています。
この《Equilibres》(仏語で「バランス」の意味) は、日用品などスタジオにある物を組み合わせて制作した立体物を写真におさめたもので、永田はこの作品を「イメージとして流通する彫刻作品」であり、雑誌や作品集、映画のような媒体で流通した60年代後半以降のランドアートやアースワークと関係深いものであると捉えています。
永田によれば、《Equilibres》は、イメージとして流通したランドアートやアースワークにおける作品とドキュメントの関係を反転させ、かりにフラジャイルな立体物であっても記録を撮影しタイトルをつけさえすれば彫刻として成立させることができるということ、すなわち彫刻とは「出来事」であるということを、ユーモラスに暴いてみせた作品であるとしています。
そこにはオリジナルの立体 (≒作品) ではなく、そのコピーとも言える写真の側に作品としての価値が発生するという反転があります。こうした物質に対するイメージの優位は、社会に対するテレビメディアの影響力が全面化した80年代的な状況とも呼応するものだったといえるでしょう。
本展で永田は、《Equilibres》の写真作品を参照しながら3Dモデルを制作し、3Dプリントすることで彫刻作品を制作しています。《Equilibres》には、同じ立体物を撮影した複数の作品があり、永田はこれらをもとに見た目が全く同じなのにも関わらず、タイトルの異なる複数の作品を制作しています。作品のコピー (写真) を作品化した《Equilibres》をもとに作品を制作する過程で、実物とイメージ、コピーとオリジナルの関係はより複雑なものになります。永田は、80年代のマスメディアの時代に制作された「イメージとして流通する彫刻作品」を現代のメディア環境を通じて考察することで、現代におけるイメージの問題を捉えようとしているのです。

Equilibres, the title, is from an eponymous series of works produced by the Swiss artist duo of Peter Fischli and David Weiss from 1984 to 1986.
The Equilibres (meaning “balance” in French) series consists of photographs of three-dimensional artworks composed of assemblages of household articles and objects in the studio. Nagata regards them as “sculptured works that circulate as images.” He believes the series has a strong relationship with land art and earthworks that arose in the late 1960s and circulated in magazines, artwork collections, and cinema-like media.
In Nagata’s view, Equilibres reversed the relationship between artwork and documentation in land art and earthworks, whose works were distributed as images. It showed that even fragile objects could constitute sculptures if photographed and titled. In short, it was a humorous exposure of the nature of sculpture as a happening.
Herein lies the reversal, i.e., the genesis of value as an artwork not on the side of the original object (≒artwork), but on that of the photograph, which could be considered a copy of it. This superiority of image over matter echoes the situation that colored the 1980s, when televised media began to exert its influence over all aspects of society.
In this exhibition, Nagata drew on the photographic works of Equilibres as he produced sculptures by making 3D models that he printed with a 3D printer. Equilibres contained plural photographs of the same object; Nagata similarly produced plural works that have mutually different titles although they look to be exactly the same. In the process of creating works based on Equilibres, which made artworks out of copies (photographs) of artworks, the relationship between object and image, and copy and original, becomes more complex. Nagata is striving to grasp the problem of image in the contemporary age by contemplating the issue of “sculptured works circulating as image” created in the mass-media age of the 1980s against the background of today’s media environment.

3D Archive

Videos

A Fish Story